トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 リロード ページ作成 一覧 単語検索 最終更新 ヘルプ

装備品 Edit

霊夢達が冒険をする上で必須となるのが武器・防具・お守りから構成される装備品である。
装備がなければ1フロア進むだけでも一苦労、大抵は不可能となるだろう。

どの装備もプレイヤーと同じく、敵を倒して経験値を与えることでレベルアップし、より強力になる。
また、他の装備品や様々なアイテムに含まれるを合成することで、戦闘を有利にする効果を発揮する。

武器 Edit

味方の攻撃力を上げる装備品。物によっては多少防御力を持つものもある。
武器は片手武器と両手武器の2種類に大別される。
また、片手武器は立ち回りに関して、左手に装備する物によって剣盾と二刀流に分かれる。
武器に付けられる印は、攻撃力を上げるもの、攻撃範囲を拡張するもの、攻撃後に追加効果を発揮するものが代表例だろう。
武器の種類や性能は武器一覧を参照。
各武器のゲーム中の見た目は下記のページを参照。
片手武器画像, 片手武器画像2, 片手武器画像3, 片手武器画像4, 両手武器画像

片手武器・剣盾スタイル Edit

文字通り右手に片手武器、左手に防具を装備するスタイルである。
このスタイルが基本であり、安定した堅実な攻略を重視するなら最終型となる。
理由は至って単純で、防具を装備していること。
厄介な効果(状態異常、爆発など)は防具やお守りに付ける印の効果で防ぐが
防具にしか付けられない印も存在し、そもそもお守りだけでは対策印を付ける枠が足りない為である。

片手武器・二刀流 Edit

左右両方の手に片手武器を装備するスタイルである。
防具を捨てただけあって、攻撃に特化したスタイルであり、敵の殲滅力は最高である。
ただし防具がないため、防御力がほぼない上、敵や罠による妨害効果を防ぐことが難しい(ほぼ不可能)なスタイルである。

両手武器 Edit

両手で持たなければならない武器で、この装備を装備したとき、防具も一緒に装備解除される。
防具を装備できないという特性のため、ほとんどの両手武器がHPと防御力を増やす印を持っている。
そのため、二刀流に比べて直接攻撃に対しては頑丈なスタイルとなっており、
慣れたプレイヤーにとっては、防具を育てる必要がないため、タイムアタックで採用されることもある。
欠点としては、効果に対する印は武器に付けられないため、効果に対しては二刀流と同様に脆い。

防具 Edit

味方の防御力に影響する装備。
防御力を増やす、ダメージを減らす、アイテム・罠・敵から与えられる特定の効果を無効化する印を付けることができる。
防具の種類や性能は防具一覧を参照。
各防具の見た目は下記のページを参照。
防具画像1, 防具画像2, 防具画像3, 防具画像4, 防具画像5

お守り Edit

装備全体の性能を補完する装備。
わずかな攻撃力・防御力を持つものや、武器防具にはない印を持つものがある。
お守りの種類や性能はお守り一覧を参照。

装備の強化 Edit

レベル・経験値 Edit

味方が敵を倒したとき、装備中の装備品にキャラクターと同額の経験値が与えられる。
(経験値はダンジョン内のルールによって変動するほか、アイテムや印の効果でも変動する)
この経験値を規定量与えることで、装備品はレベルアップし強くなる。
具体的には、攻撃力・防御力の上昇、強化限界の増加、付与できる追加印の個数などが増加する。
レベルアップに必要な経験値は装備経験値のページを参照。

強化値 Edit

特定のスペルカードや、特殊地形「鍛冶入道」、妖怪の里など一部の拠点にある鍛冶屋によって
武器・防具の名前の後に付く±の値を増やすことができる。
強化値はその半分の値が攻撃力・防御力に加算される。

強化による+値の上限は、アイテム欄で武器防具の詳細を見たときに表示される強化限界以下である。
敵の能力や罠、印の効果で強化値をマイナスにできるが、その絶対値が強化限界になるまで下げることができる。

Edit

装備品に与えることで、様々な効果をキャラクターに与えてくれるもの。
詳しくは印のページを参照。

装備融合 Edit

TODRで追加されたニトフュージョンの新機能。
限界まで強化された装備に、別の装備を融合することで、もっと強い装備を作り出すもの。

言ってしまえば、前作TODの転生と同様のやり込み要素である。
詳しくは専用ページを参照。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   ページ作成 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-08 (土) 22:36:37 (39d)